タグ別アーカイブ: 個別株

信用取引とは?

株式投資では保証金の何倍もの株取引ができる信用取引があります。信用取引には信用買いと信用売りがあります。

信用買いとは証券会社に保証金を入金することで、必要なお金を借りて取引を行います。例えば、保証金を30万円入金することで、株価が90万円の個別株を買います。株価が100万円になり、売却すると10万円の利益(手数料や税金は除く)になります。投資家は保証金の30万しか入金していないので、残りの支払額は証券会社に借りるため、金利が発生します。

信用売りとは証券会社に保証金を入金することで、株を借りて取引を行います。例えば、保証金を30万円入金することで、株価が90万円の個別株を証券会社から借ります。その個別株を売り、株価が70万円に下がったら、買い戻すことで、20万円の利益(手数料や税金は除く)になります。証券会社から個別株を借りるため、貸株料が発生します。また、個別株は有限であるため、証券会社の保有している個別株が少なくなると、貸し出しコストが高くなるため、品貸料も発生します。

信用取引では保証金の何倍もの株取引ができるので、大きな利益になりますが、逆に大きな損益になることもあります。含み損が出た場合、保証金から差し引かれ、一定の金額を下回った場合、保証金を追加入金する追証か強制決算することになります。

日本株の信用取引の売買に占めるシェアは圧倒的に個人株主が占めています。高収益を期待して購入するだけではなく、最低購入金額が高い個別銘柄を購入したり、配当や株主優待を得るために株を保有して、保有数分だけ信用売りをすることで、権利落ちによる損失リスクを軽減するために利用するケースもあります。

投資信託よりもETFをおすすめする理由

日本株への投資をする場合には、特定の個別株を集中して購入する場合と多くの個別株へ分散投資をする金融商品を購入する場合とに分けられます。

個人投資家においては、個別株に株式投資をする場合には大きなリスクが生じることが多くなっています。そのため、通常の投資家が株式投資を行う場合には、投資信託やETFを活用することになります。

日本株を投資対象とした投資信託やETFには、代表的な株価指数に連動するタイプが存在しています。そのようなインデックス型の株式投資においては、投資信託よりもETFを購入することがおすすめとなります。

投資信託よりもETFをおすすめする理由としては、まず信託報酬が割安になることが挙げられます。信託報酬は運用会社へ支払うコストとなっており、投資信託よりもETFの方が信託報酬が低くなっていることが多いです。そのため、長期の株式投資をすると、運用コストの低いETFの方が有利となることが期待できます。

次にETFをおすすめする理由としては、取引時間中にも売買できることが挙げられます。通常、投資信託は1日に1回しか注文ができません。そのため、日中に相場が大きく動いてしまっても、即日で売る手段がありません。しかし、ETFでは証券取引所が開いている時間内であれば、いつでも売買ができるメリットが出てきます。取引時間中に大きなニュースが入り相場が大きく動いた場合には、瞬時に売却をするなどの対応を取ることが可能です。

そのため、投資信託よりもリスクコントロールがしやすい面が出てきます。また、取引時間中に自由に売買できることから、流動性も高い特徴があります。そのため、売りたい時にすぐ売れるメリットが存在大きいと言えるかもしれません。