信用取引とは?

株式投資では保証金の何倍もの株取引ができる信用取引があります。信用取引には信用買いと信用売りがあります。

信用買いとは証券会社に保証金を入金することで、必要なお金を借りて取引を行います。例えば、保証金を30万円入金することで、株価が90万円の個別株を買います。株価が100万円になり、売却すると10万円の利益(手数料や税金は除く)になります。投資家は保証金の30万しか入金していないので、残りの支払額は証券会社に借りるため、金利が発生します。

信用売りとは証券会社に保証金を入金することで、株を借りて取引を行います。例えば、保証金を30万円入金することで、株価が90万円の個別株を証券会社から借ります。その個別株を売り、株価が70万円に下がったら、買い戻すことで、20万円の利益(手数料や税金は除く)になります。証券会社から個別株を借りるため、貸株料が発生します。また、個別株は有限であるため、証券会社の保有している個別株が少なくなると、貸し出しコストが高くなるため、品貸料も発生します。

信用取引では保証金の何倍もの株取引ができるので、大きな利益になりますが、逆に大きな損益になることもあります。含み損が出た場合、保証金から差し引かれ、一定の金額を下回った場合、保証金を追加入金する追証か強制決算することになります。

日本株の信用取引の売買に占めるシェアは圧倒的に個人株主が占めています。高収益を期待して購入するだけではなく、最低購入金額が高い個別銘柄を購入したり、配当や株主優待を得るために株を保有して、保有数分だけ信用売りをすることで、権利落ちによる損失リスクを軽減するために利用するケースもあります。