いま日本株がアツい理由

資産運用を考慮する時には、日本株を購入することが賢明です。何故かと言うと、近年は日本の株が世界的にも注目を集めているからです。

日本経済は長い期間において円高デフレの時代が続きましたので、株価がものすごく安い時代がありました。そもそも、日本国内の株価が安いとどうなるのでしょうか。

まず、社会全体の景気が悪くなっていることを容易に把握することが出来ます。株価が下がるとその会社の資産が下がっていることがわかりますので、そのような会社に対して投資をすることはリスクが高いことを意味します。ですから、それが悪循環となってより社会の景気が悪くなります。

そして、もう一つ重要なのが株式を購入してくれている人たちに対して利益を還元することができなくなることです。

株価が下がるとその会社の経営状態が悪化することになりますので、配当金などの株主に還元できる資産が減ってしまいます。こうなると、当然利益を得ることが出来ない株主はそうした会社に投資をしなくなって会社の経営そのものが危なくなります。こうした傾向が続くのは、円高デフレの特徴です。

円高になると円の価値が高くなって必ず値下げ競争に舵が切られます。そうなると、会社の利益がどんどん小さくなって資産が縮小していき会社の株価も下がっていくのです。

いま日本株が非常にアツイのは、こうした円高デフレの状況を脱して株価が急激に高騰しているからです。円高デフレだった頃の時代に比べると既に日経平均株価は倍以上になっていますので、日本株を購入すればそれだけで投資家の資産はどんどん増えていきます。日本経済全体の良好な傾向が日本株を購入する支えになっていますので、国内だけではなく海外からの買い手も多くなっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です