まだまだ日本株で利益は伸ばせる!

国内外からこぞって資金の集まった日本株ですが、最近はその陰を潜めています。
しかし、終わったわけではありません。まだまだ種火は燻っており、その燻りを大火に変えるタイミングをはかっているのです!

いま日本株がアツい理由

資産運用を考慮する時には、日本株を購入することが賢明です。何故かと言うと、近年は日本の株が世界的にも注目を集めているからです。
日本経済は長い期間において円高デフレの時代が続きましたので、株価がものすごく安い時代がありました。そもそも、日本国内の株価が安いとどうなるのでしょうか。まず、社会全体の景気が悪くなっていることを容易に把握することが出来ます。株価が下がるとその会社の資産が下がっていることがわかりますので、そのような会社に対して投資をすることはリスクが高いことを意味します。ですから、それが悪循環となってより社会の景気が悪くなります。

いま日本株がアツい理由の続き

株式投資の始め方

日本株で株式投資をすることはそれほど難しいことではありません。入門としては、まず自身が興味を持っている分野の会社がどのような会社であるのかを調べるところから始めると良いでしょう。
株式投資を行うためには、まずその会社が上場企業であることが条件になります。株式投資というのは、それぞれの会社が発行している株券を購入することによって成り立っています。株を購入することによって支払ったお金はその会社の資産となりますので、その会社の株を持っている人はその会社を担っている一人の株主という立場になります。

株式投資の始め方の続き

不動産投資よりも安全な株式投資

投資といえば株式投資を先に思い浮かべがちですが、最近では不動産投資にも注目が集まっています。バブル時代などは多くの人が土地に手を出し、バブル崩壊と共に大きな痛手を負ったという人も多く、一時期はそういったものに手を出すのが怖いという時代がありましたが、土地の値段が年々下がっていくだけでなく、マンションを購入し、それを貸し出して家賃収入をもらうという投資、いわゆるアパート経営などがしやすくなったことで不動産投資への熱が高まっています。一時期の中国のように、土地が高騰し、転売を繰り返すようなやり方ではなく、あくまで長期的な目線で、高い利回りを求めて不動産投資を行う人が増えました。

不動産投資よりも安全な株式投資の続き

アベノミクスはどうなるのか

日本ではデフレの脱却を掲げてアベノミクスが始まり、この3年で日本株の多くでは株価が倍以上になる銘柄が相次ぎました。しかし、アベノミクス相場は始まってから3年以上が過ぎたことから、今後の動向を危ぶむ声が出始めています。2016年の1月末には、中央銀行でマイナス金利を導入する追加金融緩和策が発表されています。しかし、株式市場での上昇は1日半しか持たず、逆に下落相場に入っていくことになります。また、為替市場においては、一気に円高が進む状況が起こっています。為替が円高になることで、さらに日本株が売られることが悪循環が繰り返されていました。

アベノミクスはどうなるのかの続き

日本株には相談できるプロがいる

個人投資家では、どの日本株に投資するかは迷うところです。しかし、日本株の投資で迷っている場合には、投資のプロに相談をすることが選択肢となってきます。日本では投資助言を行ってくれる投資顧問業者がいます。アメリカでは個人投資家が投資顧問業者へ投資助言を求めることが一般的となっています。しかし、日本では個人が投資顧問業者に助言を求める習慣は、まだ普及はしていない状況があります。日本では一部の投資顧問業者による不正事件が過去に起こったことから、投資顧問へのイメージが良くないことが大きいです。しかし

日本株には相談できるプロがいるの続き

プロを選ぶ時の参考に口コミサイトがおすすめ

せっかく相談するなら評判のいいところに相談したいというのが心情です。
そこで便利なのが口コミサイトなどの比較サイトです。
特におすすめなのがこちら

投資顧問白書

投資顧問会社ドットコム

口コミの量や質が他の口コミサイトに比べて段違いです!
信用に足るサイトがなかなか無い中、こういったサイトはありがたい限り。
是非活用させていただきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です